ブッちゃんの登山三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS “あるく会友遊”で吾妻山(1239m)へ

<<   作成日時 : 2014/05/28 15:56   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

 5/25朝、8:00に広島駅に集合し8:30にマイクロバスで出発。中国道経由で庄原市へ行き国道432号で比和

町を通り抜け、吾妻林道を国民休暇村へ行きます(この間約3時間)。駐車場で登山の支度を整え22名全員で登

山開始です。

 “吾妻山”の由来とは。 神話の中に出てくる伊邪那岐命(イザナギノミコト)が 比婆山(御陵)に眠る妻、伊邪那

美命(イザナミノミコト)の事を山頂から「吾が妻よ」と呼びかけたことからつけられたとの言い伝えがあります。それ

にふさわしくなだらかで登山しやすい低い山です。登山道入口の草原から山頂が確認できます。

 ”国民休暇村吾妻山ロッジ”の前で声出し(自己紹介)を行い登山開始。
画像

画像

 原池には「ミズバショウ」(花はもう終わり)とスイレンが咲いています。池全体にスイレンの花芽があります。来月

にはスイレンが咲き誇るのでしょうね。
画像
画像

 天然芝の中を登山中です。
画像

 登山道で見た春の花。レンゲツツジ、イワカガミです。
画像
画像

 途中で休憩。景色が非常に良いですね。遠くに“吾妻山”の山頂がみえます。
画像

 約50分で山頂へ到着。食事を済ませ全員集合。
画像
画像

 帰りは南側の尾根道を下山します。特に岩があって歩きにくい事もなく楽で楽しい登山が出来ました。

※.大池の鯉にはビックリしました。約200匹の半野生化した鯉が餌を求めて集まってきます。弁当の残りを投げる  
   と一斉に食べに来ます。凄い食欲です。

※.池、草原について。昔、ロッジ周囲では砂鉄をとるために人工的にため池がつくられたとあります。砂鉄を使い

   木を切って炭を作り、たたら製鉄が行われていました。木を切った後に放牧された為に草原になったようです。

 食欲おおせいな鯉と広い草原の一部を!
画像
画像
 
 天候にも恵まれ、そこそこの山で(視障者にとって)日光浴、森林浴もできて実に楽しい登山となりました。

    次は何処へ。 牛頭山です。  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。ミッキーです。いつもこの山歩きを楽しませていただいています。私は参加できませんでしたが、天候にも恵まれ、絶好のハイキング日よりでしたね。ブログを読ませていただき、行ったような気持ちになりました。
またお会いできる日を楽しみにしています。
ミッキー
2014/06/25 05:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
“あるく会友遊”で吾妻山(1239m)へ ブッちゃんの登山三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる