ブッちゃんの登山三昧

アクセスカウンタ

help RSS 世界遺産の島“屋久島”へ

<<   作成日時 : 2011/05/29 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 皆様お待ちかね!行って来ました。”屋久島”へ!

屋久島1日目

 先週の金曜日(5/20)の早朝呉市を出発、新幹線で鹿児島中央駅へその後高速艇の“トッピー”に乗り屋久島上陸です。新幹線の”みずほ”への乗車、トッピーも初めてでした。メンバーは登山仲間のHさん、Nさん、私、私の弟の4人です。

 15:00頃屋久島、宮之浦港に到着。時間に余裕があったのでレンタカーで中間のガジュマルの自生地と“千と千尋の神隠し”とある千尋の滝(センピロの滝と言う)に向う。

 まずは中間のガジュマルの自生地へ。巨大なガジュマルを見学後、降雨。山の手を見ると虹が。私達の旅が幸運に終わる事への証しか?楽しい旅行の始まりです。

画像


 千尋(せんぴろ)の滝でメンバーです。

画像


 明日(5/21 )が天気になる事を祈りながら安房の旅館へ。明日は縄文杉見学です。

 屋久島2日目

 4:00起床。4:50にガイドさんに迎えに来てもらう。梅雨入りしていて南国特有のどんよりした天気ですね。荒川登山口へ行くバスセンターへガイドさんの車で向います。車で朝食を済ませ、トイレを済ませ、6:00発の登山口行きのバスに乗り込む。すでに雨です。

 荒川登山口到着。雨はどしゃ降りです。合羽を着て旅装を整え、簡単な注意事項を聞いて7:00に出発。

画像


 旅程はトロッコ軌道を約8q、登山道を2.5q計11q程度歩きます。登山直後のトロッコ道はまくら木の間隔が一定でないので疲れます。ただただ歩くのみです。屋久杉の輸送に活躍したトロッコ道は何カ所かある休憩所のトイレの糞尿の搬送に役立っているそうです。

 途中ガイドさんの屋久島の自然、動物、草食物のお話を聞きます。本土との違いに驚きます。ガイドさんの説明を真剣に聞いています。

画像

 
 最初の休憩は小杉谷村の跡地です。

杉について。

 10年程度の杉を地杉、100年程度の杉を小杉、1000年経過した杉を屋久杉と言うそうです。現在屋久杉は2000本ぐらいしかないそうです。伐採されたのですね。

画像


 軌道を歩いていると突然屋久鹿に出会います。鹿は警戒心なしですね。4時間程度歩きトロッコ軌道から登山道に入ります。ここから山道です。

画像


画像

 
 ウィルソン株の中からハートが見れます。若いアベックが写真を撮っています。祠があります。旅の安全を祈り手を合わせます。

画像


画像

  
 ウィルソン株から少し上がった所で昼食。縄文杉迄もうすぐです。頑張ります。

 
画像

 
 13:00縄文杉に到着。念願の地です。ガイドさんと一緒にガッポーズ。縄文杉全景です。

縄文杉について

 樹齢2500年〜7000年(正確には不明)で幹の周囲約16m、高さ30mと言われています。屋久杉の樹齢は容姿、高さ、木の雰囲気等から判断するので全ての杉が予想との事です。以前は近くまで行き触ってオーラを貰う事も出来た様ですが、現在はデッキの上から観覧します。 写真が横向きになっています。修正は無理でした。

画像
 

画像


  縄文杉のオーラを貰い記念の写真を撮り下山です。ハッピィな顔されています。

 
画像


 夫婦杉、翁杉(倒木)です。

画像
画像


 屋久杉の切り株の前でハイ ポーズ。屋久杉は藩政の時代島津藩が年貢として取り立ていた様です。でもチェンソーの無い時代にどうやって切り倒していたんだろうと思いません。話では櫓を組んで斧で倒していたそうです。

画像

 
 登山道を下り、トロッコ道を下ると荒川登山口に到着。往復12時間。18時発の安房行きのバスは出たあとでした。タクシーを手配して貰い旅館に帰ります。旅館着20:00。晩酌には芋焼酎の“三岳”です。トビウオのから揚げ、トビウオのさつま揚げで美味しい晩御飯をいただき明日の白谷雲水峡登山に備えます。

 トビウオのから揚げでまずはビール一杯。

画像
 

 屋久島3日目
 
 6時に起床。8時にガイドさんが迎えに来てくれます。宮之浦まで帰り白谷雲水峡へ行きます。もののけ姫のモデルになった森です。整備された道路を登山口へ車を走らせていると、サルの親子が出てきます。サル、シカの動物の歓迎を受けます。

 
 車を駐車して楠川歩道を白谷雲水峡へ向かいます。楠川歩道は藩政の時代島津藩が、平木(屋根を葺く小板)を上納さていました。その時整備された平木搬送用の道路とあります。一歩入ると幻想的な世界が広がります。コケむした岩、コケに覆われた立木で今にももののけ姫の仲間が出てきそうです。

画像


画像

 
 辻峠で昼食して太鼓岩へ行きます。素晴らしく景観の良い所です。ゆっくりガイドさんの話を聞きます。

画像


画像


画像


 素晴らしい景観を楽しみ、もののけの森を下山していると突然、コケの上に“こだま”が。全員びっくりです。

画像


画像


 楽しいもののけの森の探索を終え、ガイドさんの提案で屋久杉のお箸を作る事にしました。”杉の舎”で人気の「仙人さんのお箸作り」の工芸探検です。ひげの仙人を思わせる様な店主さんです。

画像


画像
 

 夜7:00頃旅館に着き、晩御飯をいただきます。くび折れサバのおさしみ、カンパチのカマ、トビウオの白子で

一杯です。晩御飯はいつも変わった珍しい食べ物をいただきました。

屋久島4日目
 
 楽しかった旅を終え広島へ向けとなります。お土産を買います。芋焼酎三岳は絶対ですね。

 ※最後に皆さんの意見。

1.ガイドさんをお願いしてよかった。

  縄文杉登山の全行程(普通で10時間程度)を12時間ペース配分を考えて、面白い話を交え、付きあって頂

きま  した。有難う御座いました。もののけの森での”こ だ ま”はガイドさんの演出でした。我々年寄り連中は

何の事か理解できなかったですが。? ガイドさんはがっかりされていました。尚 今回

のガイドさんは”樹之香(きのこ)”です。
インターネット検索すると出てきます。優しくて、楽しくて、自然、

動物への話題が豊富で実に素晴らしい方です。ぜひご指名下さいます様に!ガイド料が高いのでは?冗談じゃ

ないです。山で遭難するより絶対安く付きますから。

2.美味しい食事が頂けた。

  トビウオのから揚げ、トビウオの白子、さつま揚げ、くび折れサバのおさしみ等非常に美味でした。

3.梅雨の真っただ中でどうなるかとの不安はありましたが、台風が心配の今日(5/29)でなくて良かったね。

  まずは天候に恵まれました。

 屋久島余話
 
1.女性(山ガール)の一人旅が多いそうです。女性は強いです。

2.同行の弟が姉ちゃんも連れてきたよと大き目の写真を出しました。実は私の妹は15年前に白血病で他界し

ています。姉ちゃん思いの優しい弟です。


  さて次は何処へ 再度富士山へ行って来ます。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
しげちゃん早速ブログUPですね!本当に楽しい幸せな屋久島でした。自分で歩いて行けた達成感、美しい自然の中で心も体も がぜん元気になりました。森は生きて語りかけてくれます。自然を保護するなんて人間の思い上がり、ず〜と自然に保護されていたのは私達だったのにネ、しかし今や人の手無しでは守っていけなくなりつつある地球、大切にしなくてはと、改めて思いました。ガイドの樹の香さん最高!次は6人の孫達も連れて行きたいなあ〜その時は
またよろしくネ!一緒に頑張った皆様〜ありがとう!
ゆきちゃん
2011/05/29 20:21
お久しぶりです〜
屋久島いいですよね。私も2回行きました。
うち1回は縄文杉見ました!
また行きたいです・・・
薩摩川内市のあきこ
2011/09/28 19:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界遺産の島“屋久島”へ ブッちゃんの登山三昧/BIGLOBEウェブリブログ